-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃん連れアンケート


熊本市議会で、育児中の女性議員が赤ちゃんを抱っこしたまま本会議へ出席しようとし、会議の開始が約40分遅れる事態が起きました。

女性議員は「仕事と子育てを両立し、女性が活躍できるような議会になってほしい」という理由から今回の行動に至ったようですが、この女性議員のとった行動をどのように捉えている人が多いのでしょう・・?「女性議員のとった行動、どう思う?」と質問されたとき、「賛同する」と答える人と「反対する」と答える人、どちらの方が多いのでしょうか?

そこで、「考え方についてのアンケート」を2017年11月20日~11月27日にかけて行い、「女性議員のとった行動に対する賛否の割合」「賛同する理由」「反対する理由」を集めてみました。今回のアンケートでは85名の方にご回答いただきました。ご協力いただきありがとうございました。

それでは結果をご覧ください。

【PR】

調査概要

考え方について、2017年11月20日~11月27日にかけてアンケートを行い、85名の方にご回答いただきました。ご協力ありがとうございました。

      
調査タイトル 考え方について
調査期間 2017年11月20日~11月27日
調査対象 年齢・性別不問
有効回答数 85件
調査方法 インターネットリサーチ
調査主体 みんなにアンケート

※調査結果について、インターネットリサーチであるため回答者に偏りが生じる可能性があります。予めご了承願います。

女性議員のとった行動、どう思う?

Q.育児中の女性議員が赤ちゃんを抱っこしたまま市議会に出席したことに対して、あなたはどう思いますか?(単数選択)

      
総回答数 85件
SA 件数 割合
賛同する 18 21%
どちらかといえば賛同する 20 24%
どちらかといえば反対する 24 28%
反対する 23 27%

「女性議員のとった行動、どう思う?」という質問を行い、女性議員のとった行動に賛同か反対かについて、4 つの選択肢の中から 1 つを選んでもらいました。

『賛同する』と答えた人の割合が45%(「賛同する」21%+「どちらかといえば賛同する」24%)。
「賛同する」よりも「どちらかといえば賛同する」の方が割合が高いということが分かりました。

『反対する』と答えた人の割合が55%(「反対する」27%+「どちらかといえば反対する」28%)。
「反対する」よりも「どちらかといえば反対する」の方が割合が高いということが分かりました。

また各割合でみると、「どちらかといえば反対する」の割合が最も多く、「賛同する」の割合が最も少なくなりました。

全体としては、『賛同する』という人は45%、『反対する』という人は55%と、女性議員のとった行動に対して反対するという人の方が多いという結果になりました。

賛同する理由とは?

「女性議員のとった行動に賛成?反対?」に「賛同する」「どちらかといえば賛同する」と答えた人に、なぜそう思うのか理由を聞いてみました。

「賛同する」を選んだ人の意見

  • 他に方法がなかったのだから仕方がない。

  • 女性が働きやすい職場は必要。これを機に議会のルールを変えていけばいいと思います。

  • オーストラリアなんかは赤ちゃんを連れて参加できる。日本が遅れているだけ。

  • 子供を預けられる保育所が足りないことの方が大問題です。

  • 育児と仕事を両立できる世の中になってほしいから。

「どちらかといえば賛同する」を選んだ人の意見

  • 子供が預けられないのであれば仕方ないと思う。

  • 問題提起の方法はいただけないが彼女の主張したいことには賛成です。

  • 赤ちゃんが泣いた時は審議に障害がでるかもだけど、それ以外は特に問題はなさそう。それより寝てる大きな子供の方が問題でしょ

  • 社会全体で子供を育てれるようになっていってほしい

  • 働き方改革に一石を投じたと思う。

『賛同する』人の意見としては、「女性が働きやすい職場は必要だから」「子供が預けられないのであれば仕方ない」といったものが挙げられました。

反対する理由とは?

「女性議員のとった行動に賛成?反対?」に「反対する」「どちらかといえば反対する」と答えた人に、なぜそう思うのか理由を聞いてみました。

「どちらかといえば反対する」を選んだ人の意見

  • 公私混同しているだけ

  • 公人である以上、国家、国民の為に取り組むべき。

  • 子供連れてもできる仕事もあるかもしれないが議員は子供連れてはできないと思う。

  • 赤ちゃん連れでは仕事に集中するのは無理。

  • 赤ん坊連れてくるなら、預けられる場所を確保するのが先。

「反対する」を選んだ人の意見

  • ルールを破る人間は信用できない。

  • 子ども使ってのパフォーマンス。それなりの報酬もらってんだから保育所でもベビーシッターにでも預ければいいだけ

  • 議論も育児も重労働です。両立できるとは思えないけどな。

  • そもそも議会の場が子育てしやすい環境と思えない。

  • 自分の要求が通らないから強行突破!は大人のするではない。

『反対する』人の意見としては、「公人である以上、国家、国民の為に取り組むべき」「議会の場が子育てしやすい環境と思えない」といったものが挙げられました。

まとめ

赤ちゃん連れまとめ

【1】赤ちゃん連れで市議会に出席した女性議員の行動

  • 賛同する:45%
  • 反対する:55%

【2】賛同する理由

  • 女性が働きやすい職場は必要だから
  • 子供が預けられないのであれば仕方ない

【3】反対する理由

  • 公人である以上、国家、国民の為に取り組むべき
  • 議会の場が子育てしやすい環境と思えない

コメント - 0

There are no comments yet.

コメントを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。