-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不老不死に関するアンケート


「『不老不死』に憧れる?憧れない?」と質問されたとき、「憧れる」と答える人と「憧れない」と答える人、どちらの方が多いのでしょうか?

そこで、「死生観についてのアンケート」を2017年5月21日~5月23日にかけて行い、「憧れる派、憧れない派の割合」「憧れる理由」「憧れない理由」を集めてみました。今回のアンケートでは692名の方にご回答いただきました。ご協力いただきありがとうございました。

それでは結果をご覧ください。

【PR】

調査概要

みんなにアンケートでは「死生観に関するアンケート」を2017年5月21日~5月23日にかけて行い、692名の方にご回答いただきました。

      
調査タイトル 死生観に関するアンケート
調査期間 2017年5月21日~5月23日
調査対象 年齢・性別不問
有効回答数 692件
調査方法 インターネットリサーチ
調査主体 みんなにアンケート

※調査結果について、インターネットリサーチであるため回答者に偏りが生じる可能性があります。予めご了承願います。

不老不死に憧れる?憧れない?

Q.あなたは、「不老不死」に対する憧れはありますか?(単数選択)

      
総回答数 692件
SA 件数 割合
とてもある 157 23%
ややある 158 23%
あまりない 160 23%
まったくない 217 31%

「不老不死に憧れはあるか」について質問を行い、4つの選択肢の中から1つを選んでもらいました。

『ある』と答えた人の割合が46%(「とてもある」23%+「ややある」23%)。
「とてもある」「ややある」の割合は同程度だということが分かりました。

『ない』と答えた人の割合が54%(「まったくない」31%+「あまりない」23%)。
「まったくない」のほうが「あまりない」よりも割合が高いということが分かりました。

また各割合でみると、「まったくない」の割合が最も多く、「とてもある」の割合が最も少なくなりました。

全体としては、『ある』という人は46%、『ない』という人は54%と、不老不死については憧れない人の方が多いという結果になりました。

不老不死に憧れる理由とは?

「とてもある」「ややある」の意見の人が、なぜそう思うのか理由を調べてみました。

「とてもある」を選んだ人の意見

  • 憧れがあると言っても自分のためには使わない。本当にあったならばあの時に妻のために使ったことでしょう。でも不老不死が現実になったら僕が感じてきたような心のドラマはほとんどなくなるのでしょうね。憧れはあっても、不老不死はないのが一番なのかもしれない。

  • 世界の終わりを見てみたい。

「ややある」を選んだ人の意見

  • ずっと生きるのは怖いけど興味ある

  • 自分で死ねる不老不死ならいいなぁ・・・死ねないなら嫌です・・・

『憧れる』という人の意見としては、「世界の終わりを見てみたいから。」「自分で死ねる不老不死ならいい。」といったものが挙げられました。

不老不死に憧れない理由とは?

「まったくない」「あまりない」の意見の人が、なぜそう思うのか理由を調べてみました。

「あまりない」を選んだ人の意見

  • 不老には憧れるけど不死は嫌です。

  • 自分はなりたくないが嫌いな人間を不老不死にして絶望させたいw

「まったくない」を選んだ人の意見

  • 永遠に続く生に希望はないと思うから。好きな人は死んでいくし、好きなものも風景も変わっていく。ただし自分だけは何も変わらない。年もとらない死にもしない。

  • 時間に限りがないと生きる意味がなくなるから

  • 老いも死にもしない、ということは地球がなくなっても死なず極寒で酸素もない宇宙空間を半永久的に漂うことになるし何より人類が進化しても自分はそのまま、猿を見るような目で見られる上に不老不死という特性に目を付けられて研究対象にされてしまう。それなら輪廻転生のほうがいろんな一生を過ごせて良いですね。

  • 生きていくのはしんどいです(T_T)

『憧れない』という人の意見としては、「永遠に続く生に希望はないと思うから。」「生きていくのはしんどいから。」といったものが挙げられました。

まとめ

不老不死2017M

不老不死に憧れる?憧れない?

  • 憧れる:46%
  • 憧れない:54%

不老不死に憧れる理由

  • 世界の終わりを見てみたいから。
  • 自分で死ねる不老不死ならいい。

不老不死に憧れない理由

  • 永遠に続く生に希望はないと思うから。
  • 生きていくのはしんどいから。

コメント - 0

There are no comments yet.

コメントを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。