-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-

友達の数に関するアンケート


友達の数について、多い方がいいという人もいれば、少ない方がいいという人もいて意見が分かれます。

友達の数の多さについて、あなたはどう思いますか?

【PR】

調査概要

みんなにアンケートでは「友人関係に関するアンケート」を2017年4月19日~4月21日にかけて行い、547名の方にご回答いただきました。

      
調査タイトル 友人関係に関するアンケート
調査期間 2017年4月19日~4月21日
調査対象 年齢・性別不問
有効回答数 547件
調査方法 インターネットリサーチ
調査主体 みんなにアンケート

※調査結果について、インターネットリサーチであるため回答者に偏りが生じる可能性があります。予めご了承願います。

「友達の数」は多い方がいい?少ない方がいい?

Q.あなたは、「友達の数」は多い方がいいと思いますか?それとも少ない方がいいと思いますか?(単数選択)

      
総回答数 547件
SA 件数 割合
多い方がいい 93 17%
どちらかといえば、
多い方がいい
184 34%
どちらかといえば、
少ない方がいい
134 24%
少ない方がいい 136 25%

「友達の数は多い方がいいと思うか少ない方がいいと思うか」について質問を行い、4つの選択肢の中から1つを選んでもらいました。

『多い方がいい』と答えた人の割合が51%(「多い方がいい」17%+「どちらかといえば、多い方がいい」34%)。
「多い方がいい」よりも「どちらかといえば、多い方がいい」のほうが割合が高いということが分かりました。

『少ない方がいい』と答えた人の割合が49%(「少ない方がいい」25%+「どちらかといえば、少ない方がいい」24%)。
「少ない方がいい」のほうが「どちらかといえば、少ない方がいい」よりも割合が高いということが分かりました。

また各割合でみると、「どちらかといえば、多い方がいい」の割合が最も多く、「多い方がいい」の割合が最も少なくなりました。

全体としては、『多い方がいい』という人は51%、『少ない方がいい』という人は49%と、意見は半々に分かれるという結果になりました。

多い方がいいと思う理由とは?

「多い方がいい」「どちらかといえば、多い方がいい」の意見の人が、なぜそう思うのか理由を調べてみました。

「多い方がいい」を選んだ人の意見

  • 友人は財産だから。自分は少ないけどw

  • 人付き合いは何らかのメリットがあるから生じる物で、まず最初に数ありきと言う考はおかしいと思う。多いからどうだとか、少ないからどうだとか、設問自体がナンセンスだね。が、あえてメリット優先で考えるなら、使える手ゴマは多い方が有利って事かな。。。例え”歩”でも、沢山持ってれば有利だからね。

「どちらかといえば、多い方がいい」を選んだ人の意見

  • 困ったときに助けてもらえる可能性が上がるからw

  • 相談相手は多いに越したことはない。

『多い方がいい』という人の意見としては、「友人は財産だから。」「困ったときに助けてもらえる可能性が上がるから。」といったものが挙げられました。

少ない方がいいと思う理由とは?

「少ない方がいい」「どちらかといえば、少ない方がいい」の意見の人が、なぜそう思うのか理由を調べてみました。

「どちらかといえば、少ない方がいい」を選んだ人の意見

  • 現在の生活状況から判断すると友達との付き合いのことまで考えることは難しいです。本当に信頼できる友人が10人もいれば十分かな(笑)ちなみに人に慕われていた妻の友人の数はビックリするぐらいの多さでした。

  • 年齢にもよると思います。年を取ってくると新しい友達を見つけようとするよりも、今の友達を大事にする方が良いのではないかと考えています。

「少ない方がいい」を選んだ人の意見

  • 狭く深く

  • 数より質のほうが大切です。

  • 少数精鋭でいい

『少ない方がいい』という人の意見としては、「年齢にもよる。今の友達を大事にする方が良いのではないかと考えているから。」「数より質のほうが大切。」といったものが挙げられました。

まとめ

友達の数2017M

「友達の数」は多い方がいい?少ない方がいい?

  • 多い方がいい:51%
  • 少ない方がいい:49%

多い方がいいと思う理由

  • 友人は財産だから。
  • 困ったときに助けてもらえる可能性が上がるから。

少ない方がいいと思う理由

  • 年齢にもよる。今の友達を大事にする方が良いのではないかと考えているから。
  • 数より質のほうが大切。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。