今回は「教育」をテーマに調査を行いました。
結果をまとめましたので、ご覧ください。

サマリー

【1】小学校で英語が教科化に【賛成:71%】【反対:29%】

【2】英語の教科化に賛成の理由

  • 「英語さえできたら海外でもっとお金を稼ぐことができる」
  • 「今必要なのは会話力。それを重視して教科化するのならばいい」

【3】英語の教科化に反対の理由

  • 「小学生のうちは外国語より正しい日本語を学ぶ方が大切」
  • 「言葉は勉強する物ではありません。」

教育

【PR】

調査概要

      
調査タイトル 教育に関する調査
調査期間 2017年2月24日~2月26日
調査対象 年齢・性別不問
有効回答数 356件
調査方法 インターネットリサーチ
調査主体 みんなにアンケート

小学校で英語が教科化に賛成?反対?

まずは、小学校で英語が教科化することに賛成か反対かについて聞いてみました。

『賛成』の回答を選択した人の割合が71%
(「賛成」41%+「どちらかといえば、賛成」30%)。

『反対』の回答を選択した人の割合が29%
(「どちらかといえば、反対」15%+「反対」14%)。

各回答でみると、「賛成」の回答が最も多く、「反対」の回答が最も少ない結果になりました。

Q1.あなたは、小学校で英語が教科化することについて、賛成ですか?反対ですか?(単数選択)

      
総回答数 356件
SA 件数 割合
賛成 145 41%
どちらかといえば、賛成 107 30%
どちらかといえば、反対 55 15%
反対 49 14%

「英語の教科化」に対する意識

『賛成』『反対』の回答を選択した人それぞれになぜそう思うのか理由について聞いてみました。

各回答ごとにコメントをまとめたのでご覧ください。

Q2.(賛成/反対)の理由を教えてください。(自由回答)

英語の教科化に賛成の理由

■「賛成」を選んだ人の意見

(mmさん)

例えば、美容院の店員さんの賃金は日本では安いのですが、
アメリカではシャンプーだけでもものすごいお金を取れるのだとか。
こんな感じで、英語さえできたら海外でもっとお金を稼ぐことができる人がたくさん出てくると思いますので。

(孝ちゃんのパパさん)

これを制度化するのは遅すぎたと思っています。
でも今からでも推進して行くべきです。

しかしながら僕たちが中学高校で習ったような英語教育を行って欲しくないです。

今必要なのは会話力です。
それを重視して教科化するのならばいいのですが
教える側の体制が整うのかが心配です。

僕たちを教えてくれていた英語教師も
英会話はまったくダメでしたからね(笑)

■「どちらかといえば、賛成」を選んだ人の意見

(ノディタカミーさん)

グローバル化が進む現代において、英語力は身に付いていた方が良い。
ただし、教育環境が整っていること、国語教育を疎かにしないことが賛成の条件。

(ダレカさん)

早いことに越したことはないと思う。

英語の教科化に反対の理由

■「どちらかといえば、反対」を選んだ人の意見

(ダレカさん)

詰め込み教育はどうなの?

(ダレカさん)

現状で十分だと思う。

■「反対」を選んだ人の意見

(っささん)

小学生のうちは外国語より正しい日本語を学ぶ方が大切だと思うから。

(俺だよ!!さん)

英語より日本語が重要だ。
英語ができても仕事ができない者が多い。

(オレオレ!俺だよ!!さん)

言葉は勉強する物ではありません。

そんな時はコレ、ス●ードラー●ング。
今回は韓国語版を特別に・・・(笑)

ひとこと

みんちゃん
世の中のグローバル化を考えると英語の教科化に賛成ですが、授業時間は足りるのですかね?

アンケート

少しお休み致します(×_×)

サイトマップ

 
 

プロフィール

PR