みんなにアンケート

    すぐに病院に「行く人」と「行かない人」、多いのはどっち?【2016年調査】

    すぐに病院に「行く人」と「行かない人」、多いのはどっち?【2016年調査】

    病院に行く理由について調べることを目的とした【健康の利用に関する調査】を行いました。

    病院のタイミング

    結果

    当サイトにて行ったGoogleフォームでのアンケートとTwitterの投票機能を利用してアンケートを実施し、その2つの集計結果をまとめたものです。その為、無作為に抽出したアンケート結果に比べ偏りが生じる場合があります。そのことをご理解頂いた上でお楽しみください。

    【Q】 あなたは、「病気かな?」と思ったときは、すぐに医療機関に行きますか?

    総回答数 224件
    調査期間 2016年10月4日~10月7日

    【A】
     58件(26%) すぐに行くことの方が多い
    166件(74%) すぐに行かないことの方が多い

    ■「あなたは、「病気かな?」と思ったときは、すぐに医療機関に行きますか?」と聞いたところ

    「すぐに行くことの方が多い」が26%、「すぐに行かないことの方が多い」が74%という結果になりました。

    自由記述にて、なぜそのようにするのか理由を聞いたところ、以下のようなコメントを頂きました。

    ◆「すぐに行くことの方が多い」を選んだ人の意見

    1:(名無しのダレカさん)

    以前体を壊すまで無理してからは、そうなる前に通院するように心がけています。


    ◆「すぐに行かないことの方が多い」を選んだ人の意見

    1:(名無しのダレカさん)

    別の病気を貰いそうなんで…


    2:(mmさん)

    正直、めんどくさいと思ってしまいます。


    3:(ささげくんさん)

    やぶ医者が多く、病院は怖い!



    まとめ

    今回行った調査の結果では、以下のことが分かりました。
    およそ7割の人は「病気かな?」と思っても病院に『すぐに行かないことの方が多い』。
    (すぐに行くことの方が多い:26%、すぐに行かないことの方が多い:74%)

    ひとこと

    いつも、「少し様子見してから行くか考えよう」となってしまい、すぐには行きませんね。



    調査概要
    調査主体:みんなにアンケート
    調査期間:2016年10月4日~10月7日
    調査方法:インターネットリサーチ
    調査対象:幅広い世代の男女
    有効回答数:224件

    アンケート回答にご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

    0 コメント
    コメントを書く