みんなにアンケート

    子どものいじめ、なくすことはできる?できない?【2016年調査】

    子どものいじめ、なくすことはできる?できない?【2016年調査】

    子どものいじめ問題について調べることを目的とした【教育に関する調査】を行いました。

    いじめ

    結果

    当サイトにて行ったGoogleフォームでのアンケートとTwitterの投票機能を利用してアンケートを実施し、その2つの集計結果をまとめたものです。その為、無作為に抽出したアンケート結果に比べ偏りが生じる場合があります。そのことをご理解頂いた上でお楽しみください。

    【Q】 子どもの「いじめ」は、なくすことができると思いますか?

    総回答数 268件
    調査期間 2016年9月2日~9月4日

    【A】
     21件( 7%) できると思う
     32件(12%) どちらかといえばできると思う
     81件(31%) どちらかといえばできないと思う
    134件(50%) できないと思う

    ■「子どもの「いじめ」は、なくすことができると思いますか?」と聞いたところ

    『できると思う』の回答は「できると思う(7%)+どちらかといえばできると思う(12%)」(合計:19%)、『できないと思う』の回答は「どちらかといえばできないと思う(31%)+できないと思う(50%)」(合計:81%)、各回答でみると、「できないと思う」の回答が最も多く、「できると思う」の回答が最も少ない結果になりました。

    自由記述にて、なぜそのように思うのか理由を聞いたところ、以下のようなコメントを頂きました。

    ◆「できると思う」を選んだ人の意見

    1:(名無しのダレカさん)

    「出来ないと思う」、これこそがイジメを助長すると考えているからです。


    2:(名無しのダレカさん)

    できないと考えるからできない。
    心の持ち方次第でどうにでもなる!


    ◆「どちらかといえばできると思う」を選んだ人の意見

    1:(名無しのダレカさん)

    完全には無理でも減らすことは出来る


    ◆「どちらかといえばできないと思う」を選んだ人の意見

    1:(孝ちゃんのパパさん)

    いじめは完全にはなくすことはできないでしょう。
    子供には成長の早い遅いがあるので
    自我が早く目覚めたものは
    そうでないものが物足りなく感じ
    どうしても上から目線になってしまいます。
    それが成長の遅いものにはいじめになってしまいます。

    これはひとつの例ですけどね。

    それを理解させて減らすことは出来ても
    絶対にゼロにすることは出来ないと思っています。


    2:(mmさん)

    減らすことはできると思います。


    ◆「できないと思う」を選んだ人の意見

    1:(あおさん)

    私の友人は過去にいじめられていましたが、
    友人の話を聞くといじめられる側にも原因はあると思います。
    特に子供のいじめなんかは最早ゲームと化してるので、
    ちょっとムカつく人がいるだけでいじめの対象になります。
    しかし、いじめの対象になった友人は今でも人を苛つかせる言動をするので、
    仕方なかった部分も否めません。
    だからこそ、当人たちが気づかない限り、いじめはなくならないと思います。


    2:(さやえんどうさん)

    今の世の中、、出来ない…に1票です。

    我が道を行く!で 自信もって生きることで
    虐められる側が 苛める群れを はね除けて行ける世の中で有って欲しいと願います


    3:(名無しのダレカさん)

    遺伝子レベルのバグなので無理です。


    4:(名無しのダレカさん)

    出来ないと思います。
    いじめがなくすことが
    出来るのだったらなくなってます。
    しかしいじめを受けてるのに何でまわりの子は、
    その子に手をさしのべてくれないんだろう?


    5:(名無しのダレカさん)

    大人のいじめですら無くすことが出来ないから無理でしょうね…


    6:(みかんゼリーさん)

    自分より弱い者を欲しがるのは、本能だからです。
    それで自分の地位を、守ろうとするので。
    人が、そんな本能がある、て受け入れない限り、
    抑えることは、出来ないと思うのです。


    7:(名無しのダレカさん)

    いじめは子供だけじゃ無く社会に出てからも、ずっとあります。



    まとめ

    今回行った調査の結果では、以下のことが分かりました。
    およそ8割の人は子どものイジメは『なくすことができない』と考えている。
    (できると思う:19%、できないと思う:81%)

    ひとこと

    「できないと思う」が圧倒的に多いというのもまた、何とも言えない気持ちになりますね・・



    調査概要
    調査主体:みんなにアンケート
    調査期間:2016年9月2日~9月4日
    調査方法:インターネットリサーチ
    調査対象:幅広い世代の男女
    有効回答数:268件

    アンケート回答にご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。